福岡地区 池・川散策 腰痛がはじまる季節

2007年12月1日
12月になりました。そろそろトンボの成虫シーズンも終わりそうですが、九州だとまだ若干、成虫が粘れます。しかし、今日の天気予報を見ると晴れるようですが気温が上がらないようです。
ので、今日は飛来アカネ探しはやめてヤゴ探しに行くことにしました。目的はキイロヤマトンボの新産地探しです。
と、思ったのですが、トンボに関しては浮気症な自分です。予想以上に晴れてきて気温も案外高く感じたので、池に行ってアカネ探しをしていました。
マユタテアカネ♂。
e0002314_16425899.jpg

マユタテアカネ♀。
e0002314_16431581.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_16433011.jpg

コノシメトンボ♂。
e0002314_16434529.jpg

このコノシメトンボは口が白いです。
正面から見るとこんな感じです。
e0002314_16444099.jpg

泥でしょうか。アンチマナーな個体のようです。

どのアカネも個体数は少なく、トンボの成虫シーズンが終わりに近づいてきているのを実感します。他にはヒメアカネがいただけ。なんでタイリクアカネがいなかったのかな。

さて、移動することにして、場所をある川に変えました。夏の成虫シーズンに見つけておいた場所です。ちなみに真夏に見つけた場所ですので、ここではキイロヤマトンボ成虫を確認したことありません。砂の規模、河川敷の樹林からキイロヤマトンボがおそらくいるはずと予想していた場所です。あと、先日、夜間に他の川で網を入れていたらヒメサナエのヤゴが案外簡単に入ったので、この川ではヒメサナエはどうかな?というのも目的です。
網を入れると思った通りスナヤツメやカマツカが沢山入ります。ここは期待できる!と一心不乱に網を入れていました。
オジロサナエ。
e0002314_16533064.jpg

コシボソヤンマ。
e0002314_16534449.jpg

ニホンカワトンボ。
e0002314_16541915.jpg

ミヤマカワトンボ。
e0002314_1654342.jpg

アジアサナエ属sp.。多分これはヤマサナエだろうな。
e0002314_16553041.jpg

コヤマトンボ。
e0002314_16554835.jpg

他にはコオニヤンマや多分ミヤマサナエかホンサナエの若いのかな?という感じです。ホンサナエとミヤマサナエはやはり終齢サイズじゃないと自分には同定出来ません。
まぁ、いつもの面々でした。

個人的に嬉しかったのはこれです。
アオサナエ。福岡でのプライベートとしては初めて網に入れることが出来ました。
e0002314_16592886.jpg

さて、キイロヤマトンボですが、もちろん生息を確認出来ました。
キイロヤマトンボ。
e0002314_1711029.jpg

新たな産地として記録することができます。良かったです。福岡県にどれだけ残っているのでしょうか。福岡のRDBに載っていないのがおかしいトンボです。まぁ、あれはトンボに関してはおかしいんですが。

え?ヒメサナエの方は?って?。
探すことをすっかり忘れていました(笑)。それだけキイロヤマトンボが魅力的なトンボです。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-12-01 17:21 | 福岡地区  

<< 福岡地区 池・川散策 ハナタレ 福岡地区 海岸沿い散策 巧くいかない >>